株式会社 FingerVision

https://www.fingervision.jp/

画像をベースに「手のひら」の触覚をロボットで再現

米国カーネギーメロン大学において、ロボットによる物体操作に人工知能技術を応用する研究を推進していく中で生まれた「画像(カメラ)をベースに触覚を再現する」というコンセプトをコア技術としています。ロボットハンド等の指先に搭載することで、触覚(力や滑りの分布等)を知覚できるようになり、あたかも、人が「手のひら」の感覚を使って物体を扱うような制御をロボットで実現できます。これらの高機能かつ、経済性、実用性、安全性に富む視触覚センサーをロボットシステムに適用することで、主に食品業界において、人手依存度が高いピックアンドプレース工程の自動化・省人化を目指します。

設立
2021年10月
事業内容
触覚センサー及びその処理プログラム等の開発、製造、販売、導入及び普及
代表者
代表取締役 濃野 友紀

Point of KII view

「画像(カメラ)をベースに触覚を再現する」という技術コンセプトや、高度な視触覚センサーをロボットシステムに適用することで、ターゲットである食品業界に留まらず、様々な分野で応用が期待されます。

KII growth support

資金調達のリード、人員体制の拡充、バックオフィス支援、取締役会の運営及び助言、事業提携先候補の選定や交渉支援

Team